Recent changes RSS feed

徒然草

第110段 双六の上手といひし人にその行を問ひ侍りしかば・・・

校訂本文

双六の上手といひし人に、その行(てだて)を問ひ侍りしかば、「『勝たん』と打つべからず。『負けじ』と打つべきなり。『いづれの手か、とく負ぬべき』と案じて、その手を使はずして、一目なりとも遅く負くべき手につくべし」と言ふ。

道を知れる教へ、身を治め、国を保たん道も、またしかなり。

翻刻

双六の上手といひし人に。其行をとひ
侍しかば。かたんとうつべからず。まけじと
うつべき也。いづれの手かとく負ぬべきと
案じて。その手をつかはずして。一め
なりともをそくまくべき手につく
べしといふ。道をしれる教。身を治め
国を保ん道も。又しか也/w1-81l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0081.jpg

text/turezure/k_tsurezure110.txt.txt · 最終更新: 2018/08/16 14:38 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa