ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure109.txt

徒然草

第109段 高名の木登りといひし男・・・

校訂本文

高名(かうみやう)の木登りといひし男(をのこ)、人をおきてて、高き木に登(のぼ)せて、梢(こずゑ)を切らせしに、いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、降るる時に、軒長(のきたけ)ばかりになりて、「誤ちすな。心して降りよ」と言葉をかけ侍りしを、「かばかりになりては、飛び降るるとも降りなん。いかにかく言ふぞ」と申し侍りしかば、「そのことに候ふ。目くるめき、枝危ふきほどは、おのれが恐れ侍れば申さず。誤ちは、やすき所になりて、かならず仕(つかまつ)ることに候ふ」と言ふ。

あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。鞠も、かたき所を蹴出だして後、やすく思へば、かならず落つと侍るやらん。

翻刻

高名の木のぼりといひしをのこ。人を
をきててたかき木にのぼせて。梢をきら/w1-80l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0080.jpg

せしに。いとあやうくみえしほどは
いふ事もなくて。おるるときに軒長
ばかりに成て。あやまちすな心しており
よと言葉をかけ侍しを。かばかりにな
りては。飛おるるともおりなん。如何に
かくいふぞと申侍しかば。其事に候。
めくるめき枝あやうきほどは。をのれがを
それ侍れば申さず。あやまちはやすき
所に成て。必仕る事に候といふ。あやし
き下臈なれども。聖人のいましめに/w1-81r
かなへり。鞠もかたき所を蹴出しての
ち。やすくおもへば必落と侍るやらん/w1-81l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0081.jpg



text/turezure/k_tsurezure109.txt.txt · 最終更新: 2018/08/16 14:11 (外部編集)