Recent changes RSS feed

徒然草

第106段 高野の証空上人京へ上りけるに・・・

校訂本文

高野の証空上人、京へ上りけるに、細道にて、馬に乗りたる女の行き合ひたりけるが、口引きける男、悪しく引きて、聖の馬を堀へ落してげり。

聖、いと腹悪しくとがめて、「こは、希有(けう)の狼藉(らうぜき)かな。四部の弟子はよな、比丘(びく)よりは比丘尼は劣り、比丘尼より優婆塞(うばそく)は劣り、優婆塞より優婆夷(うばい)は劣れり。かくのごとくの優婆夷などの身にて、比丘を堀へ蹴入れさする、未曾有の悪行なり」と言はれければ、口引きの男、「いかに仰せらるるやらん。えこそ聞き知らね」と言ふに、上人、なほ息まきて、「何といふぞ、非修非学の男」と荒らかに言ひて、「きはまりなき放言しつ」と思ひける気色にて、馬引き返して、逃げられにけり。

尊かりける諍(いさか)ひなるべし。

翻刻

高野証空上人。京へのほりけるに。ほそ
道にて馬に乗たる女の。行あひたりける
が。口ひきける男。あしくひきて聖の/w1-76l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0076.jpg

馬を堀へおとしてげり。聖いとはらあし
くとがめて。こは希有の狼藉哉。四部の
弟子はよな比丘よりは比丘尼はをとり。比
丘尼より優婆塞はをとり。優婆塞
より優婆夷はをとれり。かくのごとくの
優婆夷などの身にて。比丘を堀へ
蹴入さする未曾有の悪行なりといはれ
ければ。口ひきの男いかにおほせらるる
やらんえこそ聞しらねといふに。上人なを
いきまきて。何といふぞ非修非学の/w1-77r
男。とあららかにいひて。きはまりなき放
言しつ。とおもひける気色にて。馬
ひきかへしてにげられにけり。たうと
かりけるいさかひなるべし/w1-77l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0077.jpg

text/turezure/k_tsurezure106.txt.txt · 最終更新: 2018/08/13 15:38 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa