Recent changes RSS feed

徒然草

第105段 北の屋かげに消え残りたる雪のいたう凍りたるに・・・

校訂本文

北の屋かげに消え残りたる雪の、いたう凍りたるに、さし寄せたる車の轅(ながえ)も、霜いたくきらめきて、有明の月さやかなれども、くまなくはあらぬに、人離れなる御堂の廊(らう)に、なみなみにはあらずと見ゆる男、女と長押(なげし)に尻かけて、物語するさまこそ、何事にかあらん、尽きすまじけれ。

かぶし・形など、いとよしと見えて、えもいはぬ匂ひの、さと香りたるこそをかしけれ。けはひなど、はつれはつれ聞こえたるもゆかし。

翻刻

北の屋かげに消残たる雪の。いたうこ
ほりたるに。さしよせたる車のながえ
も。霜いたくきらめきて。有明の月さや
かなれども。くまなくはあらぬに。人ばな/w1-76r
れなる御堂の廊に。なみなみにはあらず
とみゆる。男女と。なげしにしりかけて。
物がたりするさまこそ。何事にかあらん。つ
きすまじけれ。かぶしかたちなど。
いとよしと見えて。えもいはぬにほひの。さ
とかほりたるこそおかしけれ。けはひなど。
はづれはづれきこえたるもゆかし/w1-76l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0076.jpg

text/turezure/k_tsurezure105.txt.txt · 最終更新: 2018/08/09 19:40 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa