ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure104.txt

徒然草

第104段 荒れたる宿の人目なきに女のはばかることあるころにて・・・

校訂本文

荒れたる宿の人目なきに、女のはばかることあるころにて、つれづれとこもり居たるを、ある人、「とぶらひ給はん」とて、夕月夜(ゆふづくよ)のおぼつかなきほどに、忍びて尋ねおはし たるに、犬のことことしくとがむれば、下衆女(げすをんな)の出でて、「いづくよりぞ」といふに、やがて案内(あない)せさせて、入り給ひぬ。心細げなるありさま、「いかで過ぐすらん」と、いと心苦し。

あやしき板敷に、しばし立ち給へるを、もてしづめたるけはひの若やかなるして、「こなた」といふ人あれば、たて開け所狭(ところせ)げなる遣戸よりぞ入り給ひぬる。

内のさまは、いたくすさまじからず。心にくく、火はあなたにほのかなれど、もののきらなど見えて、にはかにしもあらぬ匂ひ、いとなつかしう住みなしたり。「門よくさしてよ。雨もぞ降る。御車は門の下に。御供の人はそこそこに」と言へば、「今宵ぞ、安き寝(い)は寝(ぬ)べかめる」と、うちささめくも、忍びたれど、ほどなければ、ほの聞こゆ。

さて、このほどのことども、細やかに聞こえ給ふに、夜深き鳥も鳴きぬ。来し方行末かけて、まめやかなる御物語に、この度(たび)は、鳥も花やかなる声にうちしきれば、「明けはなるるにや」と聞き給へど、夜深く急ぐべき所のさまにもあらねば、少したゆみ給へるに、隙(ひま)白くなれば、忘れがたきことなど言ひて、立ち出で給ふに、梢(こずゑ)も庭もめづらしく青みわたりたる、卯月ばかりの曙(あけぼの)、艶(えん)にをかしかりしを思し出でて、桂の木の大きなるが隠るるまで、今も見送り給ふとぞ。

翻刻

荒たるやどの人めなきに。女のはばかる事
あるころにて。つれづれと籠居たるを。
或人とふらひたまはんとて。夕づく夜
の覚束なきほどに。しのびて尋おはし
たるに。犬のことことしくとかむれば。げす
女のいでていづくよりぞといふに。やがてあない/w1-74l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0074.jpg

せさせて入給ぬ。心ぼそげなる有様。いかで
過すらんと。いと心ぐるし。あやしき
板敷にしばしたち給へるを。もてしづめ
たるけはひのわかやかなるして。こなたと
いふ人あれば。たてあけ所せげなる遣
戸よりぞ入給ぬる。内のさまはいたくす
さまじからず。心にくく火はあなたにほの
かなれど。もののきらなど見えて。俄に
しもあらぬにほひ。いとなつかしうすみ
なしたり門よくさしてよ。雨もぞふる/w1-75r
御車は門のしたに。御供の人は。そこそこに
といへは。こよひぞやすきいはぬべかめると。
打ささめくもしのびたれど。ほどなけ
れば。ほのきこゆ。さて。此ほどの事ども
こまやかにきこえ給に。夜ふかき鳥も
なきぬ。こしかた行末かけてまめやかな
る御物かたりに。此たびは鳥も花やかなる
声にうちしきれば。明はなるるにや
と聞給へど。夜ふかくいそぐべき所の
さまにもあらねば。少したゆみ給へるに。/w1-75l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0075.jpg

隙しろくなれば。わすれがたき事
などいひて。たちいで給ふに。梢も庭も
めづらしく青みわたりたる。卯月
ばかりのあけぼの。艶におかしかりしを
おぼし出て。桂の木のおほきなるが。かく
るるまでいまも見送り給ふとぞ/w1-76r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0076.jpg



text/turezure/k_tsurezure104.txt.txt · 最終更新: 2018/08/09 19:21 (外部編集)