ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure102.txt

徒然草

第102段 尹大納言光忠入道追儺の上卿を勤められけるに・・・

校訂本文

尹大納言光忠入道1)、追儺(ついな)の上卿(しやうけい)を勤められけるに、洞院右大臣殿2)に次第を申し請けられければ、「又五郎男を師とするより外の才覚候はじ」とぞのたまひける。かの又五郎は、老いたる衛士(ゑじ)の、よく公事(くじ)になれたる者にてぞありける。

近衛殿3)、着陣し給ひける時、軾(しき・ひざつき)を忘れて、外記を召されければ、火焚きて候ひけるが、「まづ、軾を召さるべくや候らん」と忍びやかにつぶやきける。いとをかしかりけり。

翻刻

尹大納言光忠入道。追儺の上卿をつと
められけるに。洞院右大臣殿に次第/w1-73l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0073.jpg

を申請られければ。又五郎男を師と
するより外の才覚候はじとぞ。のたまひ
ける。かの又五郎は老たる衛士の。よく
公事になれたる者にてぞ有ける。
近衛殿着陣し給ける時。軾をわすれ
て外記をめされければ。火たきて候ける
が。先軾をめさるべくや候らんとしのびや
かにつぶやきける。いとおかしかりけり/w1-74r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0074.jpg

1)
源光忠
2)
洞院公賢
3)
近衛経忠か?


text/turezure/k_tsurezure102.txt.txt · 最終更新: 2018/08/06 13:36 (外部編集)