Recent changes RSS feed

徒然草

第101段 ある人任大臣の節会の内弁を勤められけるに・・・

校訂本文

ある人、任大臣の節会の内弁を勤められけるに、内記の持ちたる宣命を取らずして、堂上せられにけり。きはまりなき失礼なれども、立ち帰り取るべきにもあらず。

思ひわづらはれけるに、六位外記1)康綱2)、衣かづきの女房を語らひて、かの宣命を持たせて、忍びやかに奉らせけり。

いみじかりけり。

翻刻

或人。任大臣の節会の。内弁をつとめら
れけるに。内記の持たる宣命をとらずし
て。堂上せられにけり。きはまりなき失礼な
れども。立帰とるべきにもあらず。おもひ
わづらはれけるに。六位内記康綱衣かづ
きの女房をかたらひて。彼宣命をもたせ
て忍やかに奉らせけり。いみじかりけり/w1-73l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0073.jpg

1)
「外記」は底本「内記」。諸本により訂正
2)
中原康綱
text/turezure/k_tsurezure101.txt.txt · 最終更新: 2018/08/05 11:25 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa