Recent changes RSS feed

徒然草

第100段 久我相国は殿上にて水を召しけるに・・・

校訂本文

久我相国1)は、殿上にて水を召しけるに、主殿司(とのもづかさ)、土器(かはらけ)を奉りければ、「まがりを参らせよ」とて、まがりしてぞ召しける。

翻刻

久我相国は。殿上にて水をめしける
に。主殿司。土器を奉りければ。まがりをま/w1-73r
いらせよとて。まがりしてぞめしける/w1-73l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0073.jpg

1)
久我通光
text/turezure/k_tsurezure100.txt.txt · 最終更新: 2018/08/05 11:05 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa