Recent changes RSS feed

徒然草

第94段 常磐井相国出仕し給ひけるに勅書を持ちたる北面あひ奉りて・・・

校訂本文

常磐井相国(ときはゐのしやうこく)1)、出仕し給ひけるに、勅書を持ちたる北面(ほくめん)あひ奉りて、馬より下りたりけるを、相国、後に、「北面なにがしは、勅書を持ちながら下馬し侍りし者なり。かほどの者、いかでか君に仕(つか)うまつり候ふべき」と申されければ、北面を放たれにけり。

「勅書を馬の上ながら、ささげて見せ奉るべし。下るべからず」とぞ。

翻刻

常磐井相国出仕し給けるに。/w1-70l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0070.jpg

勅書を持たる北面あひ奉りて。馬
よりおりたりけるを相国後に。北面なに
がしは。勅書をもちながら下馬し侍り
し者也。かほどの者いかでか君につ
かふまつり候べきと申されければ。北面を
はなたれにけり。勅書を馬の上ながら。
ささげて見せたてまつるべし。おるべ
からずとぞ/w1-71r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0071.jpg

1)
西園寺実氏
text/turezure/k_tsurezure094.txt.txt · 最終更新: 2018/08/02 22:52 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa