ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure092.txt

徒然草

第92段 ある人弓射ることを習ふにもろ矢をたばさみて的に向ふ・・・

校訂本文

ある人、弓射ることを習ふに、もろ矢をたばさみて的に向ふ。師のいはく、「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて、はじめの矢に等閑(なほざり)の心あり。毎度ただ、『得失なく、この一矢に定むべし』と思へ」と言ふ。

わづかに二つの矢、師の前にて、一つをおろかにせんと思はんや。懈怠(けだい)の心、みづから知らずといへども、師、これを知る。

この戒め、万事にわたるべし。道を学する人、夕(ゆふべ)には朝(あした)あらんことを思ひ、朝には夕あらんことを思ひて、重ねてねんごろに修(しゆ)せんことを期(ご)す。いはんや、一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らんや。なんぞ、ただ今の一念において、ただちにすることの、はなはだ難(かた)き。

翻刻

或人弓いる事をならふに。もろ矢を
たばさみて的にむかふ師の云。初心の人ふ
たつの矢をもつ事なかれ。後の矢をた/w1-68l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0068.jpg

のみて。はじめの矢に等閑の心あり。毎度
ただ得失なく。此一矢に定べしと思へ
といふ。わづかに二の矢。師の前にてひとつ
ををろかにせんと思はんや。懈怠の心み
づからしらずといへども。師是をしる。
此いましめ万事にわたるべし。道
を学する人。夕には朝あらん事を思ひ。
朝には夕あらんことをおもひて。かさね
て念比に修せんことを期す。況一刹那
のうちにをいて。懈怠のこころ有事を/w1-69r
しらんや。なんぞただ今の一念にを
いて。ただちにする事の甚かたき/w1-69l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0069.jpg



text/turezure/k_tsurezure092.txt.txt · 最終更新: 2018/08/02 21:58 (外部編集)