ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure091.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure091.txt [2018/07/30 17:30] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第91段 赤舌日といふこと陰陽道には沙汰なきことなり・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +赤舌日(しやくぜちにち)といふこと、陰陽道には沙汰なきことなり。昔の人、これを忌まず。このごろ何者の言ひ出でて、忌み始めけるにか。「この日あること、末(すゑ)通らず」と言ひて、その日、言ひたりしこと、したりしことかなはず、得たりし物は失ひつ、企てたりしことならずと言ふ、愚かなり。
 +
 +吉日を選びてなしたるわざの、末通らぬを数へてみんも、また等しかるべし。そのゆゑは、無常変易の境(さかひ)、有りと見るものも存ぜず、始あることも終りなし。志は遂げず、望みは絶えず、人の心、不定(ふぢやう)なり。ものみな幻化(げんけ)なり。何ごとか、しばらくも住(ぢゆう)する。この理(ことわり)を知らざるなり。
 +
 +「吉日に悪をなすに、必ず凶なり。悪日に善を行ふに、必ず吉なり」といへり。吉凶は人によりて日によらず。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  赤舌日といふ事。陰陽道には沙汰
 +  なき事也。昔の人是をいまず。此比何
 +  者のいひいでていみはじめけるにか。此日
 +  ある事末とをらずといひて。其日いひ
 +  たりしこと。したりしこと。かなはず。え
 +  たりし物は失ひつ。企たりし事なら
 +  ずといふをろか也。吉日を撰てなしたる
 +  わざの。すゑとをらぬをかぞへてみん
 +  も。又ひとしかるべし。そのゆへは无常/w1-68r
 +
 +  変易のさかひ。有と見るものも存ぜ
 +  ず。始ある事も終なし。志は遂ず
 +  望は絶ず。人の心不定なり。物皆幻化也。
 +  何事か暫も住する。此理をしらざる
 +  也。吉日に悪をなすに必凶也。悪日に
 +  善をおこなふに。必吉也といへり。吉凶は
 +  人によりて。日によらず/w1-68l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0068.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure091.txt.txt · 最終更新: 2018/07/30 17:30 (外部編集)