Recent changes RSS feed

徒然草

第87段 下部に酒飲ますることは心すべきことなり・・・

校訂本文

下部(しもべ)に酒飲ますることは、心すべきことなり。

宇治に住み侍けるをのこ、京に、具覚房とてなまめきたる遁世の僧を、小舅(こじうと)なりければ、常に申しむつびけり。

ある時、迎へに馬をつかはしたりければ、「遥かなるほどなり。口づきのをのこに、まづ一度せさせよ」とて、酒を出だしたれば、さし受けさし受け、よよと飲みぬ。

太刀うちはきて、かひがひしげなれば、頼もしく思えて、召し具して行くほどに、木幡(こはた)のほどにて、奈良法師の、兵士(ひやうじ)あまた具してあひたるに、この男、立ち向ひて、「日暮れにたる山中に怪しきぞ。止まり候へ」と言ひて、太刀を引き抜きければ、人もみな、太刀抜き、矢はげなどしけるを、具覚房、手を摺りて、「現(うつ)し心なく酔(ゑ)ひたる者に候ふ。まげて許し給はらん」と言ひければ、おのおの嘲りて過ぎぬ。

この男(おとこ)、具覚房にあひて、「御房は口惜しきことし給ひつるものかな。をのれ酔ひたること侍らず。高名(かうみやう)仕らんとするを、抜ける太刀、むなしくなし給ひつること」と怒りて、ひた切りに切り落しつ。

さて、「山だちあり」とののしりければ、里人おこりて出であへば、「われこそ山だちよ」と言ひて、走りかかりつつ切り回りけるを、あまたして手おほせ、打ち伏せて、縛りけり。馬は血付きて、宇治大路の家に走り入りたり。

あさましくて、をのこども、あまた走らかしたれば、具覚房はくちなし原にによひ臥したるを、求め出でて、かき持て来つ。

からき命生きたれど、腰切り損ぜられて、かたはになりにけり。

翻刻

下部に酒のまする事は。心すべきこと也。
宇治に住侍けるをのこ。京に具覚房とて
なまめきたる遁世の僧を。こじうと
なりければ。常に申むつびけり。或時迎
に馬を遣したりければ。遥なるほど
なり口づきのをのこに。先一度せさせよと
て。酒を出したれば。さしうけさしうけよよ
と飲ぬ。太刀うちはきて。かひがひしげ
なれば。たのもしく覚えて。めし具
して行ほどに木幡のほどにて。奈良/w1-64l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0064.jpg

法師の兵士あまたくしてあひたる
に。此男立むかひて日暮にたる山中に。
あやしきぞとまり候へといひて太刀
をひきぬきければ。人も皆太刀ぬき矢
はげなどしけるを具覚房手をす
りて。うつし心なく酔たる者に候。まげ
てゆるし給はらんといひければ。各
嘲て過ぬ。此おとこ具覚房に逢て。御
房は口惜き事し給つる物哉。をのれ酔
たる事侍らず。高名仕らんとするを。/w1-65r
ぬける太刀むなしくなし給ひつるこ
とといかりて。ひたぎりにきりおとしつ。
さて山だち有とののしりければ。里人お
こりていであへば。我こそ山だちよといひ
て。走りかかりつつきりまはりけるを。あ
またして手おほせ打ふせてしばり
けり。馬は血つきて宇治大路の家にはし
り入たり。浅ましくてをのこども。あま
たはしらかしたれば。具覚房はくち
なし原に。によひふしたるを。求出/w1-65l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0065.jpg

てかきもてきつ。からき命生たれど。腰
きり損ぜられて。かたわに成にけり/w1-66r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0066.jpg

text/turezure/k_tsurezure087.txt.txt · 最終更新: 2018/07/27 15:24 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa