Recent changes RSS feed

徒然草

第86段 惟継中納言は風月の才に富める人なり・・・

校訂本文

惟継中納言1)は、風月の才に富める人なり。

一生精進にて、読経うちして、寺法師2)の円伊僧正と同宿して侍りけるに、文 保に三井寺3)焼かれし時、坊主にあひて、「御坊(ごばう)をば寺法師とこそ申しつれど、寺はなければ、今よりは法師とこそ申さめ」と言はれけり。

いみじき秀句なりけり。

翻刻

惟継中納言は。風月の才にとめる人也。
一生精進にて読経うちして。寺法師
の円伊僧正と同宿して侍けるに。文
保に三井寺やかれし時。坊主にあひ
て御坊をばてら法師とこそ申つれど。寺
はなければ今よりは。ほうしとこそ申
さめといはれけりいみじき秀句也けり/w1-64r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0064.jpg

1)
平惟継
2)
三井寺の僧
3)
園城寺
text/turezure/k_tsurezure086.txt.txt · 最終更新: 2018/07/27 13:05 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa