ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure085.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure085.txt [2018/07/27 11:11] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第85段 人の心素直ならねば偽りなきにしもあらず・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +人の心、素直(すなほ)ならねば、偽りなきにしもあらず。されども、おのづから正直の人、などかなからん。おのれ素直ならねど、人の賢を見て羨(うらや)むは尋常(よのつね)なり。
 +
 +至りて愚かなる人は、たまたま賢なる人を見て、これを憎む。「大きなる利を得んがために、少しきの利を受けず、偽り飾りて、名を立てんとす」と謗(そし)る。おのれが心にたがへるによりて、この嘲(あざけ)りをなすにて知りぬ、この人は下愚の性移るべからず、偽りて小利をも辞すべからず、仮にも賢を学ぶべからず。
 +
 +狂人の真似(まね)もて大路を走らば、すなはち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。驥を学ぶは驥のたぐひ、舜を学ぶは舜の徒(ともがら)なり。
 +
 +偽りても賢を学ばんを、賢と言ふべし。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  人のこころすなほならねば。偽なきに
 +  しもあらず。されどもをのづから正直
 +  の人などかなからん。をのれすなほならね/w1-63r
 +
 +  ど人の賢を見てうらやむは尋常也。
 +  いたりてをろかなる人は。たまたま賢なる
 +  人を見て。是をにくむ。おほきなる利を
 +  えんがために。少しきの利をうけず。偽
 +  かざりて名をたてんとすとそしる。を
 +  のれが心にたがへるによりて。此嘲をなす
 +  にてしりぬ。此人は下愚の性うつるべからず。
 +  いつはりて小利をも辞すべからず。かり
 +  にも賢を学べからず。狂人のまねもて
 +  大路をはしらば。則狂人也。悪人のまねと/w1-63l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0063.jpg
 +
 +  て人をころさば悪人也。驥をまなぶは驥
 +  のたぐひ。舜を学は舜の徒なり。偽
 +  ても賢をまなばんを。賢といふべし/w1-64r
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0064.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure085.txt.txt · 最終更新: 2018/07/27 11:11 (外部編集)