Recent changes RSS feed

徒然草

第84段 法顕三蔵の天竺に渡りて・・・

校訂本文

法顕三蔵(ほつけんさんんざう)の、天竺に渡りて、故郷の扇を見ては悲しび、病に臥しては漢の食を願ひ給ひけることを聞きて、「さばかりの人の、無下にこそ、こころ弱き気色を人の国にて見え給ひけれ」と人の言ひしに、弘融僧都、「優(いう)に情けありける三蔵なか」と言ひたりしこそ、法師のやうにもあらず、心にくく思えしか。

翻刻

法顕三蔵の天竺にわたりて。故郷の/w1-62l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0062.jpg

扇を見てはかなしひ。病にふしては
漢の食をねがひ給ける事を聞て。さ
ばかりの人の无下にこそ。こころよはき気
色を人の国にてみえ給けれと人の
いひしに。弘融僧都優に情有け
る三蔵哉。といひたりしこそ。法師の
やうにもあらず。心にくく覚えしか/w1-63r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0063.jpg

text/turezure/k_tsurezure084.txt.txt · 最終更新: 2018/07/24 15:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa