Recent changes RSS feed

徒然草

第83段 竹林院入道左大臣殿太政大臣にあがり給はんに・・・

校訂本文

竹林院入道左大臣殿1)、太政大臣にあがり給はんに、なにのとどこほりかおはせんなれども、「珍しげなし。一上(いちのかみ)にてやみなん」とて、出家し給ひにけり。

洞院左大臣殿2)、このことを甘心(かんしん)し給ひて、相国3)の望みおはせざりけり。

「亢竜4)の悔いあり」とかやいふこと侍るなり。月、満ちては欠け、もの、盛りにしては衰ふ。よろづのこと、先のつまりたるは、破に近き道なり。

翻刻

竹林院入道左大臣殿太政大臣にあがり
給はんに。なにのとどこほりかおはせんなれ
ども。めづらしげなし一上にてやみなん
とて出家し給にけり。洞院左大臣殿
此事を甘心し給て。相国の望おはせ
ざりけり元龍の悔ありとかやいふこと
侍る也。月満てはかけ。物盛にし
ては衰ふ。万の事さきのつまりた
るは。破にちかき道なり/w1-62l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0062.jpg

1)
西園寺公衡
2)
洞院実泰
3)
太政大臣
4)
「かうりやう」と読む。「亢竜」は底本「元龍」。諸本により訂正。
text/turezure/k_tsurezure083.txt.txt · 最終更新: 2018/07/24 15:26 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa