Recent changes RSS feed

徒然草

第82段 羅の表紙はとく損ずるがわびしきと人の言ひしに・・・

校訂本文

「羅(うすもの)の表紙は、とく損ずるがわびしき」と人の言ひしに、頓阿が、「羅は上下(かみしも)はつれ、螺鈿の軸は貝落ちて後こそいみじけれ」と申し侍りしこそ。心まさりて思えしか。

一部とある草子などの、同じやうにもあらぬを、見にくしといへど、弘融僧都が、「物を必ず一具にととのへんとするは、つたなき者のすることなり。不具なるこそよけれ」と言ひしも、いみじく思えしなり。

「すべて、何もみな、ことのととのほりたるは悪しきことなり。し残したるを、さてうち置きたるは、おもしろく、生き延ぶるわざなり。内裏造らるるにも、必ず作り果てぬ所を残すことなり」と、ある人申し侍りしなり。

先賢の作れる内外(ないげ)の文にも、章段の欠けたることのみこそ侍れ。

翻刻

うすものの表紙は。とく損ずるがわび
しきと人のいひしに。頓阿が羅は
上下はづれ。螺鈿の軸は。貝落て後こそ
いみじけれと申侍しこそ。心まさりて
覚えしか。一部と有草子などのおな
じやうにもあらぬを見にくしといへど。/w1-61l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0061.jpg

弘融僧都が物を必一具にととのへんとする
は。つたなきもののする事也不具なるこそ
よけれといひしもいみじくおぼえ
し也。すべて何も皆。ことのととのほり
たるはあしき事也。しのこしたるをさて
打置たるは面白いきのぶるわざ也。内
裏造らるるにも。かならず作りはてぬ所
をのこす事なり。と或人申侍し也。
先賢のつくれる内外の文にも。章
段のかけたる事のみこそ侍れ/w1-62r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0062.jpg

text/turezure/k_tsurezure082.txt.txt · 最終更新: 2018/07/24 15:13 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa