ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure081.txt

徒然草

第81段 屏風・障子などの絵も文字もかたくななる筆やうして書きたるが・・・

校訂本文

屏風・障子などの絵も文字も、かたくななる筆やうして書きたるが、見にくきよりも、宿の主(あるじ)のつたなく思ゆるなり。

おほかた、持てる調度にても、心劣りせらるることはありぬべし。さのみ良き物を持つべしとにもあらず。「損ぜざらんため」とて、品(しな)なく見にくきさまにしなし、「珍しからん」とて、用なきことどもし添へ、わづらはしく好みなせるを言ふなり。

古めかしきやうにて、いたくことことしからず、費えもなくて、物がらの良きがよきなり。

翻刻

屏風障子などの絵も。文字もか
たくななる筆やうしてかきたるが。見
にくきよりも。宿のあるじのつたなく
覚ゆる也。大方もてる調度にても。心を
とりせらるる事は有ぬべし。さのみ
よき物を持べしとにもあらず。損ぜ
ざらんためとてしななく見にくきさ
まにしなし。めづらしからんとて用/w1-61r
なきことどもしそへ。わづらはしくこの
みなせるをいふなり。ふるめかしきやうに
ていたくことことしからず。ついえもな
くて物がらのよきがよき也/w1-61l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0061.jpg



text/turezure/k_tsurezure081.txt.txt · 最終更新: 2018/07/22 10:13 (外部編集)