Recent changes RSS feed

徒然草

第80段 人ごとにわが身にうときことをのみぞ好める・・・

校訂本文

人ごとに、わが身にうときことをのみぞ好める。法師は兵の道を立て、夷(えびす)は弓引くすべ知らず、仏法知りたる気色(きそく)し、連歌し、管絃をたしなみあへり。されど、おろかなるおのれが道よりは、なほ人に思ひ侮られぬべし。

法師のみにもあらず、上達部・殿上人、かみざままでおしなべて、武を好む人多かり。百度(ももたび)戦ひて百度勝つとも、いまだ武勇(ぶよう)の名を定めがたし。そのゆゑは、運に乗じてあたを砕く時、勇者にあらずといふ人なし。兵(つはもの)尽き、矢きはまりて、つひに敵に降らず。死をやすくして後、始めて名をあらはすべき道なり。生けらんほどは武に誇るべからず。

人倫に遠く、禽獣に近きふるまひ、その家にあらずは、好みて益(やく)なきことなり。

翻刻

人ごとに。我身にうとき事をのみ
ぞこのめる。法師は兵の道をたて。夷は
弓ひくすべしらず。仏法知たるきそ
くし連歌し管絃をたしなみあ
へり。されどをろかなるをのれが道よりは。/w1-60r
なを人におもひ侮られぬべし
法師のみにもあらず。上達部殿上人
かみさままでをしなべて。武をこのむ人
おほかり。百たび戦て百たび勝とも。い
まだ武勇の名を定がたし。其故は運
に乗じてあたをくだく時。勇者に
あらずといふ人なし。兵つき矢きはま
りて。つゐに敵に降らず。死をやすく
して後始て名をあらはすべき道也。い
けらんほどは武にほこるべからず。人倫/w1-60l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0060.jpg

に遠く。禽獣に近きふるまひ其家に
あらずは。好て益なきこと也。/w1-61r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0061.jpg

text/turezure/k_tsurezure080.txt.txt · 最終更新: 2018/07/22 10:02 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa