Recent changes RSS feed

徒然草

第79段 何ごとも入りたたぬさましたるぞよき・・・

校訂本文

何ごとも入りたたぬさましたるぞよき。

よき人は、知りたることとて、さのみ知り顔にやは言ふ。片田舎よりさし出でたる人こそ、よろづの道に心得たるよしの、さしいらへはすれ。

されば、世に恥づかしきかたもあれど、みづからも、「いみじ」と思へる気色(けしき)、かたくななり。

よくわきまへたる道には、必ず口重く、問はぬ限りは言はぬこそいみじけれ。

翻刻

何事も。入たたぬさましたるぞよき。
よき人は知たる事とて。さのみしりがほに
やはいふ。かた田舎よりさし出たる人こそ。/w1-59l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0059.jpg

万の道に心得たるよしのさしいらへは
すれ。されば世にはづかしきかたもあれど。
みづからもいみじと思へるけしきかたく
ななり。よくわきまへたる道には。必口をも
く。とはぬ限は。いはぬこそいみじけれ/w1-60r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0060.jpg

text/turezure/k_tsurezure079.txt.txt · 最終更新: 2018/07/21 12:51 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa