Recent changes RSS feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure074.txt [2018/07/18 22:52] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第74段 蟻のごとくに集まりて東西に急ぎ南北に走る・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +蟻のごとくに集まりて、東西に急ぎ、南北に走(わし)る。高きあり、賤きあり。老いたるあり、若きあり。行く所あり、帰家あり。夕に寝(い)ねて、朝に起く。いとなむところ、何ごとぞや。生(しやう)をむさぼり、利を求めて、やむ時なし。
 +
 +身を養ひて、何ごとをか待つ。期(ご)するところ、ただ老と死とにあり。その来たること、すみやかにして、念々の間にとどまらず。これを待つ間、何の楽しびかあらん。惑へる者はこれを恐れず。名利(みやうり)におぼれて、先途(せんど)の近きことをかへりみねばなり。愚かなる人は、またこれを悲しぶ。常住ならんことを思ひて、変化(へんげ)の理(ことわり)を知らねばなり。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  蟻のごとくにあつまりて。東西にいそぎ南
 +  北にわしる。高きあり賤きあり。老たる
 +  あり若きあり。行所あり帰家あり。夕
 +  にいねて朝におく。いとなむ所何事ぞや。/w1-57r
 +
 +  生をむさぼり利をもとめてやむ時なし。
 +  身を養ひて何事をかまつ。期する
 +  処。ただ老と死とにあり其来る事速に
 +  して念々の間にとどまらず。是をまつあひ
 +  だ何のたのしひかあらん。まどへるものはこ
 +  れををそれず。名利におぼれて。先途
 +  の近き事をかへりみねば也。をろかなる
 +  人はまた。これを悲しふ。常住ならん
 +  ことを思ひて。変化の理をしらねば也/w1-57l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0057.jpg
  
text/turezure/k_tsurezure074.txt.txt · 最終更新: 2018/07/18 22:52 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa