Recent changes RSS feed

徒然草

第71段 名を聞くよりやがて面影は推し量らるる心地するを・・・

校訂本文

名を聞くより、やがて面影は推し量らるる心地するを、見る時は、またかねて思ひつるままの顔したる人こそなけれ。昔物語を聞きても、「このごろの人の家の、そこほどにてぞありけん」と思えて、人も今見る人の中に思ひよそへらるるは、誰もかく思ゆるにや。

また、いかなる折ぞ、ただ今、人の言ふことも、目に見ゆるものも、わが心の内も、「かかることのいつぞやありしか」と思えて、いつとは思ひ出でねども、まさしくありし心地のするは、わればかりかく思ふにや。

翻刻

名を聞よりやがて面影はをしはからるる
心ちするを。見る時は。又かねて思ひつるまま
の顔したる人こそなけれ。昔物がたり
をききても。此比の人の家のそこほどに
てぞありけんと覚て。人も今見る人の中
に思ひよそへらるるは。誰もかく覚る/w1-54l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0054.jpg

にや。又如何なるおりぞ。ただいま人の云
事も。目にみゆる物も。わが心のうちも。
かかる事のいつぞや有しかとおぼえ
て。いつとはおもひ出ねどもまさしく有
し心ちのするは。我ばかりかく思ふにや/w1-55r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0055.jpg

text/turezure/k_tsurezure071.txt.txt · 最終更新: 2018/07/16 22:38 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa