ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure069.txt

徒然草

第69段 書写の上人は法華読誦の功積もりて六根浄にかなへる人なりけり・・・

校訂本文

書写の上人1)は、法華読誦の功積もりて、六根浄にかなへる人なりけり。

旅の仮屋(かりや)に立ち入られけるに、豆の殻(から)を焚きて、豆を煮ける音の、つぶつぶと鳴るを聞き給ひければ、「踈(うと)からぬおのれらしも、恨めしく、われをば煮て、からき目を見するものかな」と言ひけり。

焚かるる豆殻(まめがら)の、はらはらと鳴る音は、「わが心よりすることかは。焼かるるは、いかばかり堪(た)へがたけれども、力なきことなり。かくな恨み給ひそ」とぞ聞こえける。

翻刻

書写の上人は。法華読誦の功つもり
て。六根浄にかなへる人也けり。旅のかり
やに立いられけるに。豆のからをたきて
豆を煮ける音の。つぶつぶとなるを聞
給けれは。うとからぬをのれらし
も。うらめしく。我をば煮てからきめを/w1-53l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0053.jpg

見する物哉といひけり。たかるるまめ
がらの。はらはらとなるをとは。我心よりす
ることかは。やかるるはいかばかり堪がたけれ
ども。力なき事也。かくな恨給そとぞ
きこえける。/w1-54r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0054.jpg

1)
性空


text/turezure/k_tsurezure069.txt.txt · 最終更新: 2018/07/15 19:23 (外部編集)