Recent changes RSS feed

徒然草

第68段 筑紫になにがしの押領使などいふやうなる者のありけるが・・・

校訂本文

筑紫に、なにがしの押領使(あふりやうし)などいふやうなる者のありけるが、土大根(つちおほね)を、「よろづにいみじき薬」とて、朝ごとに二つづつ焼きて食ひけること、年久しくなりぬ。

ある時、館の内に、人も無かりける隙(ひま)をはかりて、敵(かたき)襲ひ来たりて、囲み責めけるに、館の内に、兵(つはもの)二人出で来て、命を惜しまず戦ひて、みな追ひ返してげり。

いと不思議に思えて、「日ごろここにものし給ふとも見ぬ人々の、かく戦ひし給ふは、いかなる人ぞ」と問ひければ、「年ごろたのみて、朝な朝な召しつる土大根らに候ふ」と言ひて失せにけり。

深く信をいたしぬれば、かかる徳もありけるにこそ。

翻刻

筑紫に。なにがしの押領使などいふ
やうなるものの有けるが。土おほねを。万
にいみじき薬とて。朝ごとにふたつ
づつやきて食ける事年久しくなり
ぬ。或時館の内に。人もなかりける隙を
はかりて。敵襲来りてかこみせめけるに。
館のうちに兵二人いできて。命をおし
まず戦ひて皆をひかへしてげり。いと
ふしぎに覚て。日比ここにものし
給ふとも見ぬ人々のかくたたかひし給は。/w1-53r
いかなる人ぞと問ければ。年来たのみて。朝
な朝なめしつる土おほねらにさふらふ。と
いひて失にけり。ふかく信をいたしぬ
れば。かかる徳もありけるにこそ/w1-53l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0053.jpg

text/turezure/k_tsurezure068.txt.txt · 最終更新: 2018/07/15 17:52 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa