Recent changes RSS feed

徒然草

第61段 御産の時甑落すことは定まれることにはあらず・・・

校訂本文

御産(ごさん)の時、甑(こしき)落すことは、定まれることにはあらず。御胞衣(おんえな)とどこほるときのまじなひなり。とどこほらせ給はねば、このことなし。

下ざまよりことおこりて、させる本説なし。大原の里の甑を召すなり。古き宝蔵の絵に、賤しき人の子産みたる所に、甑落したるを書きたり。

翻刻

御産のとき甑落す事は。さだまれる
事にはあらず。御胞衣とどこほるときの
まじなひ也。とどこほらせ給はねば。此事
なし。下ざまよりことおこりてさせる本/w1-49r
説なし。大原の里のこしきをめすなり。
ふるき宝蔵の絵に。賤き人の子うみ
たる所に。甑落したるを書たり/w1-49l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0049.jpg

text/turezure/k_tsurezure061.txt.txt · 最終更新: 2018/07/07 15:47 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa