ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure059.txt

徒然草

第59段 大事を思ひ立たん人は・・・

校訂本文

大事を思ひ立たん人は、去りがたく心にかからんことの本意(ほい)を遂げずして、さながら捨つべきなり。

「しばし、このこと果てて」、「同じくは、かのこと沙汰しおきて」、「しかしかのこと、人の嘲(あざけ)りやあらん。行く末難なくしたためまうけて」、「年ごろもあればこそあれ、そのこと待たん。ほどあらじ。物騒がしからぬやうに」など思はんには、えさらぬことのみいとど重なりて、ことの尽くる限りもなく、思ひ立つ日もあるべからず。

おほやう、人を見るに、少し心ある際(きは)は、みなこのあらましにてぞ、一期は過ぐめる。

近き火などに逃ぐる人は、「しばし」とやいふ。身を助けんとすれば、恥をもかへり見ず、財をも捨てて、逃(のが)れ去るぞかし。命は人を待つものかは。

無常の来たることは、水火の攻むるよりも速(すみや)かに逃れがたきものを、その時、老いたる親・いときなき子・君の恩・人の情け、捨てがたしとて、捨てざらんや。

翻刻

大事を思ひたたん人は。去がたく心に
かからん事のほいを遂ずして。さなから
捨べき也。しばし此事はてて。おなじくは
かの事沙汰しをきて。しかしかの
事人の嘲やあらん。行末難なくしたた
めまうけて。年来もあればこそあれ其/w1-46r
事待んほどあらじ。物さはがしから
ぬやうになど思はんには。えさらぬ事
のみいとどかさなりて。事のつくる限
もなく。思ひ立日もあるべからず。おほやう
人を見るに。少し心あるきはは皆此あら
ましにてぞ。一期はすぐめる。ちかき火
などににぐる人は。しばしとやいふ。身を
たすけんとすれば。はぢをもかへり見ず。財
をもすててのがれさるぞかし。命は人を
まつ物かは。无常の来る事は。水火のせ/w1-46l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0046.jpg

むるよりも速に。のがれがたき物を。其時
老たる親。いときなき子。君の恩人の情
捨がたしとて。すてざらんや/w1-47r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0047.jpg



text/turezure/k_tsurezure059.txt.txt · 最終更新: 2018/07/07 11:25 (外部編集)