Recent changes RSS feed

徒然草

第58段 道心あらば住む所にしもよらじ・・・

校訂本文

「道心あらば、住む所にしもよらじ。家にあり、人に交はるとも、後世を願はんに、かたかるべきかは」と言ふは、さらに後世知らぬ人なり。

げには、この世をはかなみ、「必ず生死を出でん」と思はんに、何の興ありてか、朝夕君に仕へ、家をかへりみる営みのいさましからん。心は縁に引かれて移るものなれば、閑(しづ)かならでは、道は行じがたし。

そのうつはもの、昔の人に及ばず。山林に入りても、餓ゑを助け、嵐を防ぐよすがなくては、あられぬわざなれば、おのづから世を貪(むさぼ)るに似たることも、たよりにふればなどかなからん。

さればとて、「そむけるかひなし。さばかりならば、なじかはすてし」など言はんは、無下のことなり。さすがに、一度(ひとたび)道に入りて、世を厭(いと)はん人、たとひ望みありとも、いきほひある人の貪欲多きに似るべからず。紙の衾(ふすま)・麻の衣(ころも)・一鉢のまうけ・藜(あかざ)の羹(あつもの)、いくばくか人の費(つい)えをなさん。求むる所はやすく、その心早く足りぬべし。形に恥づる所もあれば、さはいへど、悪にはうとく、善には近付くことのみぞ多き。

人と生れたらんしるしには、いかにもして世を遁(のが)れんことこそ、あらまほしけれ。ひとへに貪ることをつとめて、菩提におもむかざらんは、よろづの畜類に変るところあるまじくや。

翻刻

道心あらば住所にしもよらじ。家に
あり人にまじはるとも。後世をねがはん
にかたかるべきかはといふは。さらに後世/w1-44l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0044.jpg

しらぬ人也。げには此世をはかなみ。必生
死をいでんと思はんに。なにの興ありてか
朝夕君に仕へ。家をかへりみるいとなみ
のいさましからん。心は縁にひかれてう
つるものなれば。閑ならでは道は行じ
がたし。そのうつは物。昔の人に及ばず。山
林に入ても餓をたすけ。嵐をふせぐ
よすがなくてはあられぬわざなれば。を
のづから世をむさぼるににたる事も。た
よりにふればなどかなからん。さればとて/w1-45r
そむけるかひなし。さばかりならば。なし
かはすてしなどいはんは。无下の事なり。
さすがに一度道に入て世をいとはん人。た
とひ望ありとも。いきほひ有人の貪欲
おほきににるべからず。紙の衾麻の衣。一鉢の
まうけあかざのあつ物。いくばくか人のついへ
をなさん。もとむる所はやすく。其心はや
く足ぬべし。かたちにはづる所もあれば。
さはいへど悪にはうとく善にはちかづく
ことのみぞおほき。人と生れたらんしる/w1-45l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0045.jpg

しには。いかにもして世をのがれんこと
こそあらまほしけれ。ひとへにむさぼる
事をつとめて。菩提にをもむかざらんは。
万の畜類に。かはる所有まじくや/w1-46r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0046.jpg

text/turezure/k_tsurezure058.txt.txt · 最終更新: 2018/07/07 10:59 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa