ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure056.txt

徒然草

第56段 久しく隔たりて会ひたる人の・・・

校訂本文

久しく隔たりて会ひたる人の、わが方にありつること、かずかずに残りなく語り続くるこそ、あいなけれ。隔てなく馴れぬる人も、ほど経て見るは恥かしからぬかは。

つぎざまの人は、あからさまに立ち出でても、「今日ありつること」とて、息もつぎはへず語り興するぞかし。良き人の物語するは、人あまたあれど、一人に向きて言ふを、おのづから人も聞くにこそあれ。良からぬ人は、誰ともなく、あまたの中にうち出でて、見ることのやうに語りなせば、みな同じく笑ひののしる。いとらうがはし。

をかしきことを言ひてもいたく興ぜぬと、興なきことを言ひてもよく笑ふにぞ、品(しな)のほど、はかられぬべき。

人のみざまの良し悪し、才(ざえ)ある人は、そのことなど定めあへるに、己(おの)がことを 引きかけて言ひ出でたる、いとわびし。

翻刻

久しくへだたりてあひたる人の。我
方にありつる事かずかずに残なく。
語つづくるこそあいなけれ。へだてなく
なれぬる人も。ほどへて見るははづかし
からぬかは。つぎさまの人は。あからさまに
たちいでても。けふありつる事とて。いき/w1-43l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0043.jpg

もつぎはへずかたり興するぞかし。よき
人の物語するは。人あまたあれど。ひとり
にむきていふを。をのづから人も聞にこそ
あれ。よからぬ人は。誰ともなく。あまたの
中にうち出て。見ることのやうにかたり
なせば。皆おなじくわらひののしる。いと
らうがはし。おかしき事をいひても
いたく興せぬと興なき事をいひても
よくわらふにぞ。しなのほどはかられぬべ
き。人の。みざまのよしあしざえある/w1-44r
人は。其事など定あへるに。をのが事を
ひきかけていひ出たる。いとわびし/w1-44l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0044.jpg



text/turezure/k_tsurezure056.txt.txt · 最終更新: 2018/07/04 13:22 (外部編集)