ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure055.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure055.txt [2018/07/04 12:53] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第55段 家の作りやうは夏をむねとすべし・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑きころ悪(わろ)き住居(すまひ)は耐へがたきことなり。深き水は凉しげなし。浅くて流れたる、はるかに凉し。
 +
 +細かなるものを見るに、遣戸(やりど)は蔀(しとみ)の間よりも明かし。天井の高きは、冬寒く、灯暗し。
 +
 +造作は用なき所を作りたる。見るも面白く、よろづの用にも立ちてよしとぞ、人の定めあひ侍りし。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  家の作りやうは。夏をむねとすべし。
 +  冬はいかなる所にもすまる。あつき比わろき
 +  住居はたへがたき事也。ふかき水は凉し
 +  げなし。浅くてながれたる。遥に
 +  すずし。こまかなる物を見るに。遣/w1-43r
 +
 +  戸は蔀のまよりもあかし。天井の高き
 +  は冬さむく灯くらし。造作は用なき
 +  所をつくりたる。見るも面白く。万の用
 +  にも立てよしとぞ。人の定あひ侍し/w1-43l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0043.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure055.txt.txt · 最終更新: 2018/07/04 12:53 (外部編集)