ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure053.txt

徒然草

第53段 これも仁和寺の法師童の法師にならんとする名残とて・・・

校訂本文

これも仁和寺の法師、童の法師にならんとする名残とて、おのおの遊ぶことありけるに、酔(ゑ)ひて、興に入るあまり、傍らなる足鼎(あしがなへ)を取りて、頭にかづきたれば、つまるやうにするを、鼻を押し平(ひら)めて、顔をさし入れて舞ひ出でたるに、満座、興に入ることかぎりなし。

しばしかなでて後、抜かんとするに、おほかた抜かれず。酒宴ことさめて、「いかがはせん」とまどひけり。とかくすれば、頸のまはり欠けて血垂り、ただ腫れに腫れ満ちて、息もつまりければ、打ち割らんとすれど、たやすく割れず。

響きて耐へがたかりければ、かなはで、すべきやうなくて、三足(みつあし)なる角(つの)の上に、帷子(かたびら)をうちかけて、手を引き、杖を突かせて、京なる医師(くすし)のがり率(ゐ)て行きける。道すがら、人の怪しみ見ることかぎりなし。

医師のもとにさし入りて、向ひ居たりけんありさま、さこそ異様(ことやう)なりけめ。ものを言ふも、くぐもり声に響きて聞こえず。「かかることは、文にも見えず、伝へたる教へもなし」と言へば、また仁和寺へ帰りて、親しき者、老いたる母など、枕上に寄り居て、泣き悲しめども、聞くらんとも思えず。

かかるほどに、ある者の言ふやう、「たとひ、耳鼻こそ切れ失すとも、命ばかりはなどか生きざらん。ただ力を立てて引き給へ」とて、藁のしべをまはりにさし入れて、金(かね)を隔てて、頸(くび)もちぎるばかり引きたるに、耳鼻欠けうげながら抜けにけり。

からき命まうけて、久しく病みゐたりけり。

翻刻

是も。仁和寺の法師。童の法師に/w1-40r
ならんとする名残とて。各あそぶ
事有けるに。酔て興にいるあまり。傍
なるあしがなへをとりて。頭にかづきた
ればつまるやうにするを。鼻ををし
ひらめて。かほをさし入て舞出たるに。
満座興に入事かぎりなし。しばしか
なでて後。ぬかんとするに。大方ぬかれ
ず。酒宴ことさめて。いかがはせんとまどひ
けり。とかくすれば。くびのまはりかけ
て血たり。ただはれにはれみちて。息もつ/w1-40l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0040.jpg

まりければ。打わらんとすれど。たやす
くわれず。ひびきてたへがたかりければ。
かなはで。すべきやうなくて三足なるつ
のの上に。かたびらをうちかけて。手をひ
き杖をつかせて。京なるくすしのがり。
ゐて行ける。道すがら人のあやしみ
見る事限なし。くすしのもとにさ
しいりてむかひゐたりけんありさま。
さこそことやうなりけめ。物をいふもくぐ
もり。声にひびきてきこえず。かかること/w1-41r
は文にもみえず。伝たるをしへもなしと
いへば。又仁和寺へかへりてしたしき
者。老たる母など枕上によりゐてなき悲
しめども。きくらんとも覚えず。かか
るほどにあるもののいふやう。たとひ耳
鼻こそきれうすとも。命ばかりはなど
か生ざらん。ただ力をたててひき給へとて。
藁のしべを。まはりにさし入て。かねをへ
だてて。頸もちぎるばかりひきたるに。耳
鼻かけうげながらぬけにけり。からき/w1-41l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0041.jpg

命まうけて。久しくやみゐたりけり/w1-42r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0042.jpg



text/turezure/k_tsurezure053.txt.txt · 最終更新: 2018/07/03 23:30 (外部編集)