ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure052.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure052.txt [2018/07/01 12:28] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第52段 仁和寺にある法師年寄るまで石清水を拝まざりければ・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +仁和寺にある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、心憂く思えて、ある時、思ひ立ちて、ただ一人、徒歩(かち)より詣でけり。極楽寺・高良(かうら)などを拝みて、「かばかり」と心得て、帰りにけり。
 +
 +
 +さて、かたへの人に会ひて、「年ごろ思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、貴くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん。ゆかしかりしかど、『神へ参るこそ本意(ほい)なれ』と思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
 +
 +少しのことにも、先達(せんだち)はあらまほしきことなり。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  仁和寺に。ある法師。年よるまで。石
 +  清水をおがまざりければ。心うく覚え
 +  て。有時思ひ立て。ただひとり。かちより
 +  まうでけり。極楽寺。高良などをおが/w1-39l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0039.jpg
 +
 +  みて。かばかりと心得て。かへりにけり。
 +  さて。かたへの人にあひて。年比思ひ
 +  つること。はたし侍りぬ。聞しにも過て。
 +  たうとくこそおはしけれ。そも参り
 +  たる人ごとに。山へのぼりしは。何事か
 +  ありけん。ゆかしかりしかど。神へま
 +  いるこそほいなれ。と思ひて。山までは見
 +  ずとぞいひける。すこしのことにも。先
 +  達はあらまほしき事也/w1-40r
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0040.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure052.txt.txt · 最終更新: 2018/07/01 12:28 (外部編集)