ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure051.txt

徒然草

第51段 亀山殿の御池に大井川の水をまかせられんとて・・・

校訂本文

亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられんとて、大井の土民に仰せて、水車を作らせられけり。

多くの銭(あし)を給ひて、数日に営み出だして、かけたりけるに、おほかた廻(めぐ)らざり ければ、とかく直しけれども、つひに回らで、いたづらに立てりけり。

さて、宇治の里人を召して、こしらへさせければ、やすらかにゆひて参らせたりけるが、思ふやうに廻りて、水を汲み入るることめでたかりけり。

よろづに、その道を知れる者は、やんごとなきものなり。

翻刻

亀山殿の御池に。大井川の水をま
かせられんとて。大井の土民におほせて。
水車をつくらせられけり。おほく
のあしを給て。数日にいとなみいだし
て。かけたりけるに。大方めぐらざり
ければ。とかくなをしけれども。終に/w1-39r
まはらでいたづらにたてりけり。さて宇治
の里人をめして。こしらへさせければ。
やすらかにゆひてまいらせたりけるが。
思ふやうにめぐりて。水をくみいるる
事めでたかりけり。万に其道をし
れる者は。やんごとなきもの也/w1-39l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0039.jpg



text/turezure/k_tsurezure051.txt.txt · 最終更新: 2018/07/01 11:49 (外部編集)