ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure050.txt

徒然草

第50段 応長のころ伊勢国より女の鬼になりたるを率て上りたるといふことありて・・・

校訂本文

応長のころ、伊勢国より、女の鬼になりたるを率(ゐ)て上りたるといふことありて、そのころ二十日ばかり、日ごとに京・白川の人、「鬼見に」とて出でまどふ。

「昨日は西園寺に参りたりし」、「今日は院へ参るべし」、「ただ今はそこそこに」など言ひあへり。「まさしく見たり」と言ふ人もなく、「虚言(そらごと)」と言ふ人もなし。上下、ただ鬼のことのみ言ひやまず。

そのころ東山より、安居院の辺へまかり侍りしに、四条よりかみさまの人、みな北をさして走る。「一条室町に鬼あり」と、ののしりあへり。今出川の辺より見やれば、院の御桟敷のあたり、さらに通り得(う)べうもあらず立ち混みたり。「はやく、跡なきことにはあらざめり」とて、人をやりて見するに、おほかた会へる者なし。暮るるまでかく立ち騒ぎて、はては闘諍おこりて、あさましきことどもありけり。

そのころ、おしなべて、二三日人のわづらふること侍りしをぞ、「かの鬼の虚言(そらごと)は、このしるしを示すなりけり」といふ人も侍りし。

翻刻

応長の比伊勢国より。女の鬼に成たる
を。ゐてのぼりたるといふ事ありて
その比廿日ばかり日ごとに。京白川の人。
鬼見にとて出まどふ。昨日は西園寺にま
いりたりし。今日は院へ参るべし。
ただ今はそこそこになどいひあへり。ま
さしく見たりといふ人もなく。そらご/w1-38r
とと云人もなし。上下ただ鬼の事のみいひ
やまず。其比東山より安居院辺へ罷
侍しに。四条よりかみさまの人。皆北を
さしてはしる。一条室町に。鬼ありとのの
しりあへり。今出川の辺より見やれば。
院の御桟敷のあたり更にとほりうべう
もあらず立こみたり。はやく。跡なき事
にはあらざめりとて。人をやりて見する
に。おほかたあへる者なし。暮るまでかく
たちさはぎて。はては闘諍おこりて。浅ま/w1-38l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0038.jpg

しきことどもありけり。その比をし
なべて。二三日人のわづらふる事侍しを
ぞ。かの鬼のそらごとは。此しるしをしめ
す也けり。といふ人も侍りし/w1-39r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0039.jpg



text/turezure/k_tsurezure050.txt.txt · 最終更新: 2018/07/01 11:16 (外部編集)