Recent changes RSS feed

徒然草

第49段 老来たりてはじめて道を行ぜんと待つことなかれ・・・

校訂本文

老来たりて、はじめて道を行ぜんと待つことなかれ。古き墳(つか)、多くはこれ少年の人なり。はからざるに病を受けて、たちまちにこの世を去らんとする時にこそ、はじめて過ぎぬる方(かた)の誤れることは知らるなれ。

誤りといふは、他のことにあらず。速(すみや)かにすべきことを緩(ゆる)くし、緩くすべき ことを急ぎて、過ぎにしことの悔(くや)しきなり。その時悔ゆとも、かひあらんや。

人はただ、無常の身に迫りぬることを心にひしとかけて、つかの間も忘るまじきなり。さらば、などか、この世の濁りも薄く、仏道を勤むる心もまめやかならざらん。

「昔ありける聖(ひじり)は、人来たりて、自他の要事を言ふ時、答へていはく、『今、火急のことありて、すでに朝夕に迫れり』とて、耳をふたぎて、念仏して、つひに往生を遂げけり」と、禅林の十因1)に侍り。

心戒2)といひける聖は、あまりにこの世のかりそめなることを思ひて、静かについゐけることだになく、常はうずくまりてのみぞありける。

翻刻

老来て。始て道を行ぜんとまつことなか
れ。ふるき墳。おほくは是。少年の人也。
はからざるに病をうけて。忽にこの世を
さらんとする時にこそ。はじめて過ぬる
かたの。あやまれる事はしらるなれ。あや
まりといふは。他の事にあらず。速にす
べき事をゆるくし。ゆるくすべき
ことをいそぎて。すぎにしことのくや/w1-37r
しき也。其時悔とも。かひあらんや。人
はただ无常の身にせまりぬる事を。心
にひしとかけて。つかのまもわするまじ
き也。さらばなどか此世のにごりもうすく。
仏道をつとむる心もまめやかならざらん。
昔。有けるひじりは人来て自他の要事
をいふ時。答て云今火急の事ありて。
既に朝夕にせまれりとて。耳をふた
ぎて念仏して。つゐに往生をとけけり。と
禅林の十因に侍り。心戒といひける/w1-37l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0037.jpg

聖はあまりに此世のかりそめなる事を
思ひて。しづかについゐけることだになく。
常はうずくまりてのみぞありける/w1-38r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0038.jpg

1)
永観『往生十因』
text/turezure/k_tsurezure049.txt.txt · 最終更新: 2018/06/28 19:38 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa