ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure048.txt

徒然草

第48段 光親卿院の最勝講奉行してさぶらひけるを・・・

校訂本文

光親卿1)、院2)の最勝講奉行してさぶらひけるを、御前へ召されて、供御を出だされて、食はせられけり。さて、食ひ散らしたる衝重(ついがさね)を、御簾の中へさし入れて、まかり出でにけり。

女房、「あなきたな。誰にとれとてか」など申し合はれければ、「有職の振舞、やんごとなきことなり」と、かへすがへす感ぜさせ給けるとぞ。

翻刻

光親卿。院の最勝講。奉行してさふら
ひけるを御前へめされて。供御をいだされ
て食せられけり。さて食ちらしたる衝
重を。御簾の中へさし入て。罷出にけり。女
房あなきたな。誰にとれとてかなど申/w1-36l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0036.jpg

あはれければ。有職のふるまひ。やんごと
なき事也と返々感ぜさせ給けるとぞ/w1-37r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0037.jpg

1)
藤原光親・葉室光親
2)
後鳥羽上皇


text/turezure/k_tsurezure048.txt.txt · 最終更新: 2018/06/28 19:06 (外部編集)