ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure047.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure047.txt [2018/06/27 22:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第47段 ある人清水へ参りけるに老いたる尼の行きつれたりけるが・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +ある人、清水((清水寺))へ参りけるに、老いたる尼の行きつれたりけるが、道すがら、「くさめ、くさめ」と言ひもてゆきければ、「尼御前、何事をかくはのたまふぞ」と問ひけれども、いらへもせず、なほ言ひやまざりけるを、たびたび問はれて、うち腹立ちて、「やや、鼻ひたる時、かくまじなはねば死ぬるなりと申せば、養君(やしなひぎみ)の、比叡山((延暦寺))に児にておはしますが、『ただ今もや、鼻ひ給はん』と思へば、かく申すぞかし」と言ひけり。
 +
 +ありがたき志なりけんかし。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  或人。清水へまいりけるに。老たる尼の
 +  行つれたりけるが。道すがらくさめくさめ。と
 +  いひもてゆきければ。尼御前。何事をかく
 +  はのたまふぞととひけれども。いらへも
 +  せずなをいひやまざりけるを。度々とは
 +  れて。うちはらたちて。やや。はなひたる時/w1-36r
 +
 +  かくまじなはねば。死ぬる也と申せば。
 +  やしなひ君の比叡山に。児にてお
 +  はしますが。ただ今もやはなひ給はん。
 +  とおもへばかく申ぞかし。といひけり。
 +  有難き志なりけんかし/w1-36l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0036.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure047.txt.txt · 最終更新: 2018/06/27 22:08 (外部編集)