Recent changes RSS feed

徒然草

第45段 公世の二位のせうとに良覚僧正と聞こえしは極めて腹あしき人なりけり・・・

校訂本文

公世の二位1)のせうとに、良覚僧正と聞こえしは、極めて腹あしき人なりけり。

坊の傍らに、大きなる榎(え)の木のありければ、人、「榎木僧正(えのきのそうじやう)とぞ言ひける。

「この名、しかるべからず」とて、かの木を切られにけり。その根のありければ、「きりくひの僧正」と言ひけり。

いよいよ腹立ちて、きりくひを掘り捨てたりければ、その跡、大きなる堀(ほり)にてありければ、堀池僧正(ほりけのそうじやう)とぞ言ひける。

翻刻

公世の二位のせうとに。良覚僧正と聞
えしは。極てはらあしき人也けり。坊
の傍に。おほきなる榎の木の有ければ。
人。榎木僧正とぞいひける。此名然べ
からずとて。かの木をきられにけり。其
根のありければ。きりくいの僧正といひ
けり。いよいよはら立て。きりくいをほり
捨たりければ。その跡おほきなる堀にて/w1-35l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0035.jpg

有ければ堀池僧正とぞいひける/w1-36r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0036.jpg

1)
藤原公世
text/turezure/k_tsurezure045.txt.txt · 最終更新: 2018/06/27 21:35 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa