ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure043.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure043.txt [2018/06/26 21:28] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第43段 春の暮れつかたのどやかに艶なる空に・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +春の暮れつかた、のどやかに艶なる空に、いやしからぬ家の、奥深く、木立ちもの古りて、庭に散りしをれたる花見過ぐしがたきを、さし入りて見れば、南面(みなみおもて)の格子(かうし)みな下して、さびしげなるに、東に向きて、妻戸のよきほどに開きたる、御簾の破れより見れば、形清げなる男の、年二十(はたち)ばかりにて、うちとけたれど、心にくく、のどやかなるさまして、机の上に文を繰り広げて、見居たり。
 +
 +いかなる人なりけん。尋ね聞かまほし。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  春の暮つかた。のどやかに艶なる
 +  空に。いやしからぬ家の。奥ふかく。
 +  木だち物ふりて。庭にちりしほれたる
 +  花。見過しがたきを。さし入て見れば。
 +  南面のかうし皆おろして。さびし/w1-33l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0033.jpg
 +
 +  げなるに。東にむきて。妻戸のよき
 +  ほどにあきたる。御簾のやぶれより見
 +  れは。かたちきよげなるおとこの。とし廿
 +  斗にて。うちとけたれど。心にくく
 +  のどやかなるさまして。机のうへに文を
 +  くりひろげて見ゐたり。いかなる人なり
 +  けん。たづねきかまほし/w1-34r
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0034.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure043.txt.txt · 最終更新: 2018/06/26 21:28 (外部編集)