Recent changes RSS feed

徒然草

第42段 唐橋中将といふ人の子に行雅僧都とて教相の人の師する僧ありけり・・・

校訂本文

唐橋中将1)といふ人の子に、行雅僧都とて、教相の人の師する僧ありけり。

気(け)の上る病ありて、年のやうやうたくるほどに、鼻の中ふたがりて、息も出でがたかりければ、さまざまにつくろひけれど、わづらはしくなりて、目・眉・額なども腫れまどひて、うち覆ひければ、ものも見えず、二の舞の面のやうに見えけるが、ただ怖しく、鬼の顔になりて、目は頂(いただき)のかたに付き、額のほど鼻になりなどして、後(のち)は坊の内の人にも見えずこもりゐて、年久しくありて、なほわづらはしくなりて、死ににけり。

かかる病もあることにこそありけれ。

翻刻

唐橋中将。といふ人の子に行雅僧都
とて教相の。人の師する僧有けり。気
の上る病ありて。年のやうやうたくる
ほどに鼻の中ふたがりて。息も出かた
かりければ。さまざまにつくろひけれ
ど。わづらはしくなりて目眉額なども
はれまどひて。うちおをひければ物も
みえず。二の舞の面のやうにみえける
が。ただをそろしく鬼のかほになりて/w1-33r
目はいただきのかたにつき。額のほど鼻
に成などして。後は坊のうちの人にも
みえずこもりゐて。年久しくありて。
なをわづらはしくなりて死ににけり。
かかる病も有事にこそ有けれ/w1-33l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0033.jpg

1)
源雅清
text/turezure/k_tsurezure042.txt.txt · 最終更新: 2018/06/26 21:09 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa