ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure040.txt

徒然草

第40段 因幡国に何の入道とかやいふ者の娘・・・

校訂本文

因幡国に、何の入道とかやいふ者の娘、形良しと聞きて、人あまた言ひわたりけれども、この娘、ただ栗をのみ食ひて、さらに米(よね)の類(たぐひ)を食はざりければ、「かかる異様(ことやう)の者、人に見ゆべきにあらず」とて、親、許さざりけり。

翻刻

因幡国に。何の入道とかやいふ者のむ
すめかたちよしとききて。人あまたいひ
わたりけれども。此むすめただ栗をの
み食て。更によねのたぐひをくはざり
ければ。かかることやうのもの。人にみゆべき
にあらずとて。おや。ゆるさざりけり/w1-31l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0031.jpg



text/turezure/k_tsurezure040.txt.txt · 最終更新: 2018/06/24 13:12 (外部編集)