ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure039.txt

徒然草

第39段 ある人法然上人に・・・

校訂本文

ある人、法然上人に、「念仏の時、睡(ねぶ)りにをかされて、行を怠り侍ること、いかがし て、この障(さは)りを止(や)め侍らん」と申しければ、「目の覚めたらんほど、念仏し給へ」と答へられたりける。いと貴かりけり。

また、「往生は、一定と思へば一定、不定と思へば不定なり」と言はれけり。これも貴し。

また、「疑ひながらも念仏すれば、往生す」とも言はれけり。これもまた貴し。

翻刻

或人。法然上人に。念仏の時睡にをか
されて。行をこたり侍る事。いかがし
て此さはりをやめ侍らんと申ければ。目の
さめたらんほど念仏し給へとこたへら
れたりける。いとたうとかりけり。又
往生は一定とおもへば一定。不定と思へば
不定也といはれけり。これもたうとし。
又うたがひながらも念仏すれば。往生す/w1-31r
ともいはれけり。これも又たうとし/w1-31l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0031.jpg



text/turezure/k_tsurezure039.txt.txt · 最終更新: 2018/06/24 13:07 (外部編集)