ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure038.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure038.txt [2018/06/24 12:26] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第38段 名利に使はれてしづかなるいとまなく一生を苦しむるこそ愚かなれ・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +名利に使はれて、しづかなるいとまなく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ。
 +
 +財(たから)多ければ、身を守るにまどし。害を買ひ、累を招くなかだちなり。身の後(のち)には、金(こがね)をして北斗をささふとも、人のためにぞ、わづらはるべき。
 +
 +愚かなる人の、目を喜ばしむる楽しみ、また、あぢきなし。大きなる車、肥えたる馬、金玉の飾りも、心あらん人は、「うたて、愚かなり」とぞ見るべき。金は山に捨て、玉は淵に投ぐべし。利にまどふは、すぐれて愚かなる人なり。
 +
 +埋(うづ)もれぬ名を、長き世に残さんこそ、あらまほしかるべけれ。位(くらゐ)高く、やん
 +ごとなきをしも、すぐれたる人とやはいふべき。愚かにつたなき人も、家に生まれ、時にあへば、高位に昇り、奢りを極むるもあり。いみじかりし賢人・聖人、みづから賤しき位に居(を)り、時にあはずしてやみぬる、また多し。ひとへに高き官(つかさ)・位を望むも、次に愚かなり。
 +
 +智恵と心とこそ、世にすぐれたる誉れも残さまほしきを、つらつら思へば、誉れを愛するは、人の聞きを喜ぶなり。誉(ほ)むる人、謗(そし)る人、ともに世にととまらず。伝へ聞かん人、またまたすみやかに去るべし。誰をか恥ぢ、誰にか知られんことを願はん。誉れはまた毀(そし)りのもとなり。身の後の名、残りてさらに益(やく)なし。これを願ふも、次に愚かなり。
 +
 +ただし、しひて智を求め、賢を願ふ人のために言はば、智恵出でては偽りあり。才能は煩悩の増長せるなり。伝へて聞き、学びて知るは、まことの智にあらず。
 +
 +いかなるをか、智といふべき。可・不可は一条なり。いかなるをか、善といふ。まことの人は、智もなく、徳もなく、功もなく、名もなし。誰か知り、誰か伝へん。これ、徳を隠し、愚を守るにはあらず。もとより、賢愚得失の境(さかひ)に居(を)らざればなり。
 +
 +迷ひの心をもちて、名利の要を求むるに、かくのごとし。万事は、みな非なり。言ふに足らず、願ふに足らず。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  名利につかはれて。しづかなるいとまな
 +  く一生をくるしむるこそ。をろかなれ。
 +  財おほければ身を守るにまどし。害
 +  をかひ累をまねくなかだちなり。身
 +  ののちには金をして北斗を
 +  ささふとも。人のためにぞわづらはるべき。
 +  をろかなる人の目をよろこばしむるた
 +  のしみ。またあぢきなし。大なる車。
 +  肥たる馬。金玉のかざりもこころあらん
 +  人は。うたてをろかなりとぞ見るべき。/w1-29r
 +
 +  金は山にすて。玉は渕になぐべし。利に
 +  まどふは。すぐれてをろかなる人也。うづ
 +  もれぬ名を。ながき世に残さんこそ。
 +  あらまほしかるべけれ。位たかくやん
 +  事なきをしも。すぐれたる人とやはいふ
 +  べき。をろかにつたなき人も。家に生れ時
 +  にあへば。高位にのぼり。をごりをきは
 +  むるもあり。いみじかりし賢人聖人。
 +  みづからいやしき位にをり。時にあは
 +  ずしてやみぬる。又おおしひとへにた/w1-29l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0029.jpg
 +
 +  かきつかさ位をのぞむも。次にをろかなり。
 +  智恵と心とこそ世にすぐれたる
 +  誉ものこさまほしきを。つらつら思へ
 +  ばほまれを愛するは。人の聞をよろこぶ也。
 +  ほむる人そしる人。共に世にととまらず。
 +  つたへきかん人。又々すみやかに去べし
 +  誰をかはぢ。誰にかしられん事
 +  をねがはん。誉は又毀の本也。身の
 +  後の名のこりてさらに益なし。是を
 +  願ふも次にをろか也。ただししゐて。/w1-30r
 +
 +  智をもとめ賢を願ふ人のためにいはば。
 +  智恵出ては偽あり。才能は煩悩の増
 +  長せる也。つたへて聞学びてしるは誠
 +  の智にあらず。いかなるをか智といふべ
 +  き。可不可は一条也。いかなるをか善といふ。
 +  まことの人は智もなく徳もなく功も
 +  なく名もなし。誰かしり誰かつたへん。
 +  是徳をかくし愚をまもるにはあら
 +  ず。本より賢愚得失のさかひにをら
 +  ざれば也。まよひの心をもちて。名利の/w1-30l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0030.jpg
 +
 +  要をもとむるにかくのごとし。萬事は
 +  皆非也。いふにたらず。願ふにたらず/w1-31r
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0031.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure038.txt.txt · 最終更新: 2018/06/24 12:26 (外部編集)