Recent changes RSS feed

徒然草

第36段 久しく訪れぬころいかばかり恨むらんと・・・

校訂本文

「久しく訪れぬころ、『いかばかり恨むらん』と、わが怠り思ひ知られて、言葉なき心地するに、女のかたより、『仕丁やある。一人』など、言ひおこせたるこそ、ありがたく嬉しけれ。さる心ざましたる人ぞよき」と、人の申し侍りし、さもあるべきことなり。

翻刻

久しくをとづれぬ比。いかばかりうら
むらんと。我をこたりおもひしら
れて。言葉なきここちするに。女のかた
より仕丁やある。ひとりなどいひをこ/w1-28r
せたるこそ。有がたくうれしけれ。
さる心ざましたる人ぞよきと。人の
申侍りし。さもあるべき事也/w1-28l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0028.jpg

text/turezure/k_tsurezure036.txt.txt · 最終更新: 2018/06/20 22:32 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa