Recent changes RSS feed

徒然草

第34段 甲香は法螺貝のやうなるが・・・

校訂本文

甲香(かいかう)は法螺貝のやうなるが、小さくて、口のほどの細長(ほそなが)にして出でたる貝の蓋(ふた)なり。

武蔵国金沢といふ浦にありしを、所の者は、「へなたりと申し侍る」とぞ言ひし。

翻刻

甲香はほら貝のやうなるが。ちいさく
て口のほどの。ほそながにしていでたる/w1-27l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0027.jpg

貝のふた也。武蔵国金沢といふ浦に
有しを。所の者は。へなたりと申侍る
とぞいひし/w1-28r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0028.jpg

text/turezure/k_tsurezure034.txt.txt · 最終更新: 2018/06/20 22:05 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa