Recent changes RSS feed

徒然草

第33段 今の内裏作り出だされて有職の人々に見せられけるに・・・

校訂本文

今の内裏作り出だされて、有職(いうそく)の人々に見せられけるに、「いづくも難なし」とて、すでに遷幸の日近くなりけるに、玄輝門院1)御覧じて、「閑院殿の櫛形(くしがた)の穴は、まろく、縁(ふち)もなくてぞありし」と仰せられける、いみじかりけり。

これは葉(えう)の入りて、木にて縁をしたりければ、誤りにて直されにけり。

翻刻

今の内裏作り出されて。有職の人々
に見せられけるに。いづくも難なし
とてすでに遷幸の日ちかく成ける
に。玄輝門院御覧じて閑院殿のくし
がたの穴は。まろくふちもなくてぞ有
しと仰られけるいみじかりけり。
是はえうの入て。木にてふちをしたり
ければ。あやまりにてなをされにけり/w1-27l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0027.jpg

1)
藤原愔子・洞院愔子
text/turezure/k_tsurezure033.txt.txt · 最終更新: 2018/06/20 21:58 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa