Recent changes RSS feed

徒然草

第31段 雪のおもしろう降りたりし朝人のがり言ふべきことありて・・・

校訂本文

雪のおもしろう降りたりし朝(あした)、人のがり言ふべきことありて、文をやるとて、雪のこと何とも言はざりし返り事に、「『この雪いかが見る』と、一筆のたまはせぬほどの、ひがひがしからん人の仰せらるること、聞き入るべきかは。かへすがへす口惜しき御心なり」と言ひたりしこそ、をかしかりしか。

今は亡き人なれば、かばかりのことも忘れがたし。

翻刻

雪のおもしろうふりたりし朝。人の
がりいふべき事ありて。文をやるとて
雪のことなにともいはざりし返事に。
此雪いかが見ると一筆のたまはせぬほど/w1-26r
のひがひがしからん人のおおせらるる
事ききいるべきかは。返々口おしき御
心なりといひたりしこそ。おかしかり
しか。いまはなき人なればかばかりの事
もわすれがたし/w1-26l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0026.jpg

text/turezure/k_tsurezure031.txt.txt · 最終更新: 2018/06/19 16:54 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa