ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure030.txt

徒然草

第30段 人の亡きあとばかり悲しきはなし・・・

校訂本文

人の亡きあとばかり、悲しきはなし。

中陰のほど、山里などに移ろひて、便悪(びんあ)しく狭(せば)き所にあまたあひ居て、後のわざども営みあへるは、あはただし。日数の早く過ぐるほどぞ、ものにも似ぬ。果ての日は、いと情なう、互ひに言ふこともなく、われ賢げにものひきしたため、ちりぢりに行あかれぬ。

もとの住処(すみか)に帰りてぞ、さらに悲しきことは多かるべき。「しかしかのことは、あなかしこ、あとのため忌むなることぞ」など見るこそ、「かばかりの中に何かは」と、人の心は、なほうたて思ゆれ。

年月経ても、つゆ忘るるにはあらねど、「去る者は日々に踈し」と言へることなれば、さはいへど、その際(きは)ばかりは思えぬにや、よしなしごと言ひて、うちも笑ひぬ。骸(から)はけうとき山の中に納めて、さるべき日ばかり詣でつつ見れば、ほどなく卒都婆も苔むし、木の葉降り埋(うづ)みて、夕の嵐、夜の月のみぞ、こと問ふよすがなりける。

思ひ出でて偲ぶ人あらんほどこそあらめ、そもまた、ほどなく失せて、聞伝ふるばかりの末々は、あはれとやは思ふ。

さるは、跡問ふわざも絶えぬれば、いづれの人と名をだに知らず。年々の春の草のみぞ、心あらん人はあはれと見るべきを、果ては、嵐にむせびし松も千年を待たで薪に砕かれ、古墳はすかれて田となりぬ。その形(かた)だになくなりぬるぞ悲しき。

翻刻

人のなきあとばかり悲しきはなし。中陰
のほど山里などにうつろひて。便あし
くせばき所にあまたあひゐて。後の
わざどもいとなみあへるはあはたたし。日/w1-24l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0024.jpg

かずのはやく過るほどぞものにもにぬ。
はての日はいと情なうたがひにいふ事
もなく。我かしこげに物ひきしたため。
ちりぢりに行あかれぬ。もとのすみかに
かへりてぞ。更にかなしき事はおほ
かるべき。しかしかのことは。あなかしこ
跡のためいむなる事ぞなど見るこそ。か
ばかりのなかに何かはと。人の心はなをうた
ておぼゆれ。年月へても露わするる
にはあらねど。去者は日々に踈しと/w1-25r
いへることなれば。さはいへど其きはばかりは
覚えぬにや。よしなしごといひてうち
もわらひぬ。からはけうとき山の中にお
さめて。さるべき日ばかりまうでつつ見れば。ほ
どなく卒都婆も苔むし木葉ふり
うづみて。夕の嵐夜の月のみぞこと
とふよすがなりける。思ひいでてしのぶ
人あらんほどこそあらめ。そも又ほどなく
うせて。聞つたふるばかりの末々は哀
とやは思ふ。さるは跡とふわざもたえぬ/w1-25l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0025.jpg

れば。いづれの人と名をだにしらず。年々
の春の草のみぞ。心あらん人はあはれ
と見るべきを。はては嵐にむせびし松
も千年をまたで薪にくだかれ。古
墳はすかれて田となりぬ。そのかただに
なくなりぬるぞかなしき/w1-26r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0026.jpg



text/turezure/k_tsurezure030.txt.txt · 最終更新: 2018/06/19 15:51 (外部編集)