Recent changes RSS feed

徒然草

第29段 静かに思へばよろづに過ぎにしかたの恋しさのみぞせんかたなき・・・

校訂本文

静かに思へば、よろづに過ぎにしかたの恋しさのみぞ、せんかたなき。

人しづまりて後、長き夜のすさびに、何となき具足とりしたため、「残し置かじ」と思ふ反古など、破り捨つる中に、亡き人の手習ひ、絵描きすさびたる、見出でたるこそ、ただその折の心地すれ。

このごろある人の文だに、久しくなりて、「いかなる折、いつの年なりけん」と思ふは、あはれなるぞかし。手なれし具足なども、心もなくて、変らず久しき。いとかなし。

翻刻

しづかに思へば。よろづに過にしかたの
恋しさのみぞせんかたなき。人しづまり
て後。ながき夜のすさひに。なにとなき
具足とりしたため。残しをかじと
思ふ反古などやりすつる中に。なき人/w1-24r
の手ならひ絵かきすさひたる見出
たるこそ。ただ其折のここちすれ。此比
ある人の文だに。久しく成て。いかなる
おり。いつの年也けんとおもふは。哀なる
ぞかし。手なれし具足なども。心もな
くてかはらず久しき。いとかなし。/w1-24l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0024.jpg

text/turezure/k_tsurezure029.txt.txt · 最終更新: 2018/06/19 15:16 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa