ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure027.txt

徒然草

第27段 御国譲りの節会行はれて・・・

校訂本文

御国譲りの節会行はれて、剣璽、内侍所渡し奉らるるほどこそ、かぎりなう心細けれ。

新院1)のおりさせ給ひての春、詠ませ給ひけるとかや

  殿守(とのもり)のとものみやつこよそにしてはらはぬ庭に花ぞ散りしく

今の世の、ことしげきにまぎれて、院には参る人もなきぞ、さびしげなる。かかる折に ぞ、人のこころもあらはれぬべき。

翻刻

御国ゆづりの節会おこなはれて。釼。
璽。内侍所わたし奉らるるほどこそ。
限なう心ぼそけれ。新院のおりさせ給
ての春よませ給けるとかや
  殿もりのとものみやつこよそにして
はらはぬ庭に花ぞちりしく今の世のこと
しげきにまぎれて。院にはまいる人
もなきぞさびしげなるかかる折に
ぞ人のこころもあらはれぬべき/w1-23l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0023.jpg

1)
花園天皇


text/turezure/k_tsurezure027.txt.txt · 最終更新: 2018/06/18 19:23 (外部編集)