ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure026.txt

徒然草

第26段 風も吹きあへずうつろふ人の心の花に慣れにし年月を思へば・・・

校訂本文

風も吹きあへずうつろふ人の心の花に、慣れにし年月を思へば、あはれと聞きし言の葉ごとに忘れぬものから、わが世の外(ほか)になりゆく習ひこそ、亡き人の別れよりもまさりて、悲しきものなれ。

されば、白き糸の染まんことを悲しび、路のちまたの分かれんことを歎く人もありけんかし。

堀川院1)の百首2)の歌の中に、

  昔見し妹(いも)が垣根は荒れにけりつばなまじりの菫(すみれ)のみして

さびしき気色、さること侍りけん。

翻刻

風も吹あへずうつろふ。人の心の花に。
なれにし年月をおもへば。あはれ/w1-22l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0022.jpg

と聞しことの葉ごとにわすれぬ
ものから。我世の外になりゆくならひ
こそ。なき人のわかれよりもまさりてか
なしき物なれ。されは白きいとのそまん
事をかなしひ。路のちまたのわかれ
ん事をなげく人も有けんかし
堀川院の百首の哥の中に
  むかし見しいもが垣根は荒にけり
つばなまじりの菫のみして。さびし
きけしきさる事侍りけん/w1-23r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0023.jpg

1)
堀河天皇
2)
堀河百首


text/turezure/k_tsurezure026.txt.txt · 最終更新: 2018/06/17 13:10 (外部編集)